2022 コンビニスイーツ シュークリーム食べ比べ セブン・ファミマ・ローソン

スポンサーリンク

こんにちは、 Pon(@tabeponchan)
です。

今回は、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートのコンビニ3社のシュークリームを食べ比べてみました!シュークリームは気軽に手に取りやすいコンビニスイーツの1つですよね。

でも、「どこのコンビニのシュークリームが1番おいしいのか?!」

気になったので比較してみることにしました♪

スポンサーリンク

今回、比較するコンビニスイーツのシュークリーム 3つ

☑︎セブンイレブン 「 シュー・ア・ラ・クレーム」

☑︎ローソン 「 生カスタードシュークリーム」

☑︎ファミリーマート 「クリームたっぷり濃厚カスタードシュー」

PON
PON

シュー生地の硬さやカスタードクリームの甘さなどを比較していくよ!

セブンイレブン「 シュー・ア・ラ・クレーム」

店頭では、4列に並べるくらい人気の様子
たまたまキャンペーンで30円引きで購入できました
価格140円(税込)
大きさ直径約8cm 高さ約5.5cm
重さ約64g
カロリー185kcal
原材料

牛乳(国内製造)、卵、乳等を主要原料とする食品、小麦粉、クリーム、砂糖、アーモンド入りクッキー生地、ファットスプレッド、バター、油脂加工品、粉糖、食塩、コンスターチ/グリシン、カゼインNa、膨張剤、香料、加工澱こな、乳化剤、pH調整剤、酵素、アナトー色素、安定剤(キサンタン)、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・アーモンドを含む)

・シューの硬さ ☆☆☆

・カスタードクリームの甘さ☆☆☆

他2社との大きな違いは、表面にクッキー生地と砂糖がまぶされていて、生地に甘さがあるのが特徴。カスタードクリームの甘さは割と控えめです。

シュー生地が甘めで、カスタードクリームが甘さ控えめなので、食べるとちょうどいい甘さになります!!

ローソン「 生カスタードシュークリーム」

2022年3月14日に発売したばかりの新商品
パッケージにはプレミアムエッグの文字!
価格150円(税込)
大きさ直径約8cm 高さ約4cm
重さ約64g
カロリー187kcal
原材料

カスタードベース(卵黄、砂糖、乳製品、でん粉分解物、その他)(国内製造)、牛乳、油脂加工食品、液卵、ファットスプレッド、小麦粉、マーガリン、砂糖、クリーム、寒天加工品、焙焼小麦粉、バニラペースト、食塩/加工澱粉、グリシン、トレハロース、カゼインNa、膨張剤、乳化剤、糊料(増粘多糖類)、pH調整剤、メタリン酸Na、香料、カロチノイド色素、酸化防止剤(V.E)(一部に卵・小麦・乳成分・大豆を含む)

・シューの硬さ ☆☆

・カスタードクリームの甘さ☆☆☆

カスタードクリームの色が1番黄色味を帯びています。クリームの甘さは控えめで、プレミアムエッグが使われているので、卵のコクを感じる♪

他2社に比べてシュー生地がふんわりとしています。

ファミリーマート 「クリームたっぷり濃厚カスタードシュー」

ファミマは、シュークリームの種類が多かったです
クリームたっぷり!と書かれています
価格130円(税込)
大きさ直径約8cm 高さ約6cm
重さ約99g
カロリー252kcal
原材料

乳等を主要原料とする食品(国内製造)、牛乳、砂糖、鶏卵(国産)、卵黄(国産)、小麦粉、ファットスプレッド、クリーム、澱粉、バター、油脂加工食品、卵黄油(国産製造)/pH調整剤、乳化剤、膨張剤、香料(バニラシード入り)、(一部に乳成分・卵・小麦・大豆・ゼラチンを含む)

・シューの硬さ ☆☆☆☆

・カスタードクリームの甘さ☆☆☆☆

1番大きくてずっしりとしたファミマのシュークリーム。シュー生地が他2つと比べてしっかりとしています。カスタードクリームは甘めで量も多く、カスタード感を強く感じます。

THE王道のシュークリーム!

まとめ

右上から時計回りに セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートのシュークリーム
上からファミリーマート・ローソン・セブンイレブンのシュークリーム

・卵感のあるカスタードが好きならローソン。

・シュー生地のおいしさで選ぶならセブンイレブン。

・甘いのが好きで、カスタードたっぷりが好きな人はファミリーマート。

卵のコクを感じるローソンのシュークリーム。カスタードクリームへのこだわりを感じます。

セブンイレブンのシュークリームはオシャレな印象。ケーキ屋さんなどにも置いていそうなシュクリームです。

ファミリーマートのシュークリームは1番ボリューミー。王道なシュークリームが好きな人におすすめです。

PON
PON

それぞれに特色があり、そのときの気分によって選ぶのも良いですよね♪

ご馳走さまでした!