おすすめインスタントラーメン 3種類 とんこつ•ちゃんぽん・坦々麺

スポンサーリンク

こんにちは、 Pon(@tabeponchan)
です。

今回は、スーパーであまり見かけない3つのインスタントラーメンを買ってきました!

さっそく実食レポしていきたいと思います♪

スポンサーリンク

チャルメラ バリカタ麺豚骨

豚骨ラーメン好きの筆者は、とんこつラーメンは外せません!!

原材料

めん(小麦粉(国内製造)、卵粉、植物油脂、食塩)、スープ(食塩、ポークエキス、粉末油脂、香味油、たん白加水分解物、豚脂、乳等を主要原料とする食品、糖類、酵母エキス、ごま、香辛料、植物油脂、紅しょうが、香味調味料)/調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸カルシウム、増粘多糖類、卵殻カルシウム、香料、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、カラメル色素、乳化剤、甘味料(スクラロース)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・牛肉・ごま・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

1食 (82g) 当たりのカロリー 303kcal

※具材はつきません

麺は極細ストレート。

「うまかっちゃん」の新味もこんな感じの麺です。水を少なめに作ってしまうと麺にヌルつきが残るので、レシピ通りに作るのがおすすめ♪

味は濃厚で、麺のおかげかスープがよく絡みます。

さらにおすすめの食べ方

ハウス 焦がしにんにく 黒マー油

そして、おすすめなのがハウスの「黒マー油」

これを数滴垂らすと、にんにくの風味がついてとってもおいしくなります!

我が家の常備品です♪

イトメン チャンポンめん

ちゃんぽんのインスタントラーメンって珍しい!!

原材料

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂)、添付調味料(食塩、糖類、香辛料、野菜粉末(オニオンパウダー、ガーリックパウダー)、たん白加水分解物、ねぎ)、かやく(えび、しいたけ、砂糖、食塩)/調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、乳化剤、酸味料、ソルビトール、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、紅麹色素、ベニバナ黄色素、パプリカ色素、ビタミンB2、(一部に小麦・乳成分・えび・大豆を含む)

※但し同じ生産工程で「そば、卵、かに、いか、さば、ごま、鶏肉、豚肉、牛肉、やまいも、ゼラチン、魚介類」 を含んだ食品を扱っています。

1食 (100g) 当たりのカロリー 497 kcal

エビ、シイタケのかやく入り
※具材はつきません

麺はちぢれ麺。スープは、塩味としいたけの風味を感じます。

あっさりとした味で、シーフードミックスなどの海鮮をトッピングするとおいしさが増します♪

どこか懐かしい優しい味のラーメン。

サッポロ一番 元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン

坦々麺が人気のラーメン店「元祖ニュータンタンメン本舗」監修のインスタントラーメン。

原材料

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、食用油脂(ラード、植物油脂)、食塩、粉末卵)、スープ(食塩、香辛料、砂糖、ポークエキス、にんにく調味料、しょうゆ、たん白加水分解物、酵母エキス、チキンエキス、デキストリン、キムチ調味料、粉末卵、植物油脂、ゼラチン)、やくみ(唐辛子)/調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、クチナシ色素、香辛料抽出物、かんすい、酸味料、香料、パプリカ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘剤(アルギン酸ナトリウム、増粘多糖類)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

1食(96g)当たりのカロリー 416kcal

※具材はつきません

後入れの唐辛子を半分くらいでも、辛いのが苦手な筆者はかなり辛いと感じました。

辛いもの好きさんには、良さそうです!!(蒙古タンメンよりは辛くないです)

卵を入れるとふんわりとした食感と、なんとなく辛さがマイルドになる気がします。

まとめ

スーパーでは、あまり見かけないインスタントラーメン3種類をご紹介させていただきました!

自分好みの具材を入れてみるのも楽しい!

たまにはスタンダードな塩、醤油、味噌ではないインスタントラーメンを食べるのもいいですよね♪

ご馳走さまでした!